不要なバイクは買取?下取り?

バイクは車とは違い、必要にかられて乗るものではなく、どちらかと言うと嗜好品のような使い方をされることが多いです。悪く言うと好きな人だけが乗っている、と表現でき、これが大きな特徴と言えます。したがってバイクを下取りか買取に出して、できたお金で他の自動車の購入資金にしたり、あるいは全く別のものを買ったりすることが多く、自動車のように自動車を売って新たな自動車を購入するという流れが少ない傾向にあります。ですが、バイクを下取りか買取に出して新たなバイクを購入することもあるでしょう。そんなときには下取りと買取、どちらに出すのがより賢い選択と言えるのでしょうか。

買取と下取りの大きな違いは、代金がキャッシュとして返ってくるか、それとも次に買う物の値段から差し引かれるかという点にあります。例えばエアコンを買い換えたい場合には、以前使用していたエアコンは下取りをしてくれて、その価格分を新品の価格から差し引いた上で販売してくれるなどのシーンがあります。ここから分かることは、下取りは買取の手間が無くなるということです。バイクならバイク、エアコンならエアコンといったように同じ物を「買い換える」際に有効なのが下取りと言えます。

一方で買取はというと、売却するお店へと物を運んで、査定を受けた上でようやく売却という形になりますので、このような手間を考えると下取りの方が良いようにも思えます。しかしながら買取にも多数のメリットがあります。それではどのようなメリットがあるのか、賢くバイク買取をしてもらうためのコツをご紹介していきます。