買取が一般的?

バイクを買い換える際には買取の方が良いのか、それとも下取りに出した方が良いのかという話は結論が出しにくく、よく議論になりますが、一般的なのはやはり買取でしょう。その理由は買取価格の違いにあります。下取り価格と買取価格を比較すると、より高値がつきやすいのはやはり買取になります。買取の方が高値を付けられやすい要因として挙げられるのは、買取や下取りを行ったあとに行われる販売活動の違いにあります。

買取業者の場合、買取をしたバイクは業者間のオークションに出品することが多いですが、下取りの場合は一般消費者に対して販売することが多く、そしてそれぞれの成約率には差が出てしまいます。オークションの場合はほとんどが売れてしまいますので、在庫リスクが低く、その分を買取価格に回して高額で買い取ってもらえるという仕組みになっています。

バイクの価格は経年、走行距離、傷、人気度などによって左右されることになります。できるだけ高く売りたいのであれば思い立ったときに買い取ってもらった方が高値はつきやすいという特徴がありますので、まずは査定してもらうところからスタートしてみることをおすすめします。意外と高い値段で買い取ってもらえることもありますし、ぜひ査定をしてもらってみてください。